PAL参加の皆様へ
Patient Adovocate Lounge

ようこそ!PALへ

 この度、2018年(平成30年)6月15日(金)~17日(日)の3日間、神戸国際展示場・会議場、ポートピアホテルにて第23回日本緩和医療学会学術大会を開催させて頂くにあたり、昨年に引き続き、患者アドボケイト・ラウンジを設置することといたしました。
 緩和医療・緩和ケアは、患者さんやご家族に伴走し、生命の危機に直面することに関連した苦痛や問題と向き合い・取り組むことをとおして、生きていくことを支援するケアです。わが国における緩和ケアの質の向上を図るために、日頃の疑問について話し合い、新たな知識や技術を獲得する学びの場として、学術大会が開催されます。第23回大会では、患者さんやご家族、ご遺族の方々にもご参加いただき、多様化した社会とその声を取り入れ、その葛藤を乗り越えていく対話の場として位置づけていきたいと思っています。

 メインテーマ; 「緩和ケアとEOLケアの質を見直す」 

 2018年は第3期がん対策推進基本計画が本格的に動き出す年です。緩和ケア研修会の要件も新たにみなおされ、心不全の緩和ケアも検討されています。本大会では、がんに留まらず、がん以外の疾患や施設の枠を越えた緩和ケアのあり方を検討したいと考えています。特に、がん以外の疾患においての緩和ケアのあり方や地域で緩和ケアを提供するために、全ての医療者が実践する緩和ケア(基本的緩和ケア)と緩和ケアの専門家がチームで提供する緩和ケア(専門的緩和ケア)がどのように協働するのがよいのかを検討するとともに、アドバンス・ケア・プランニングなどエンド・オブ・ライフケアにも焦点を当てます。参加者の方には、できるかぎり多くのプログラムに参加できるよう調整を進めております。
 この学術大会が緩和ケアを必要としているすべての方にとって意義ある機会となるよう、組織委員会一同、鋭意準備に取り組んでいます。
 皆様と2018年6月神戸でお目にかかれることを心から楽しみにしています。

第23回日本緩和医療学会学術大会
大会長 木澤義之
神戸大学医学部附属病院緩和支持治療科 特命教授

文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

▲ TOP